麻酔科


麻酔科では、手術の麻酔に関する外来と、痛みに関する治療を行っています

麻酔科外来

当院で手術を受けることが決まり、麻酔の詳しい説明をお聞きになりたい方、ご入院前に麻酔科の詳しい診察が必要な方が対象です。

麻酔を安全に受けていただくために

手術目的以外のご病気がある方、ふだんから薬を飲んでいる方、高度の肥満がある方は、麻酔のために、詳しい検査や準備が必要なことがあります。手術が決まりましたら、まず、主治医の先生に、罹ったことのあるご病気、アレルギーについてお伝えください。お薬手帳も必ずお見せください。
かぜや喘息発作の症状によっては、治ってからしばらくの間麻酔が受けられない場合もあり、麻酔科を受診していただくこともあります。麻酔について事前にご質問のある方も、受診可能です。

ペインクリニック=”痛みの外来”

当ペインクリニックで治療をしている主なもの

頸椎疾患による痛み、腰椎疾患による腰下肢痛、慢性期の肩関節周囲炎、帯状疱疹後神経痛、抜歯後に長引く痛み、手術後に長引く痛み、癌および癌治療による痛みや痺れなど

なぜ痛みを和らげる外来が必要なのか

つきあっていかざるを得ない痛みもありますが、原因となる病気を治療しても痛みが残っていたり、元の病気は治療するほどではないけれども痛みで困っている場合は、痛みそのものが治療の対象となります。痛み刺激が長引くと神経組織にも変化が生じ、さらに痛みが強くなることがあります。脳の“気持ち”を司る部分も刺激され、とても辛い気持ちになったり、痛みを避けるために体を動かさなくなるなど、日常生活にも深刻な影響が出ることもあります。そうなる前に、痛みを和らげることも大切です。

ペインクリニックでの治療法

名称未設定-6
痛みの原因、強さ、体の状態によって最初の治療法を決めますが、経過に応じて変更していきます。のみ薬や、点滴の薬以外にも、神経ブロックという注射をすることがあります。
広く使われている消炎鎮痛薬以外にも、痛みを和らげるお薬は、さまざまなものがあります。痛みに過敏になった脳や神経の働きを鎮めたり、人に本来備わっている痛みを抑える機能を強める薬が効くこともあります。
神経ブロックは、外来で行うものと、レントゲン室で行うものがあります。事前に血液検査が必要なブロックも多く、初診時には実施できないこともあります。

ドラッグチャレンジテスト

長期間続いた痛みや、神経組織が損傷を受けた痛みは、よい治療方法がみつかるまで、何ヶ月もかかる場合があります。なるべく早く治療法を見つける助けとして、ドラッグチャレンジテストという検査を行うことがあります。

痛みと心は切っても切れない関係です

効果が元々ない薬でも、効くと思って飲めば痛みが減る現象“プラセボ効果”は、以前は“気の持ち様”と考えられていました。これは、脳内で痛みを抑える物質が増えることと関係している事が分かってきました。大切な人の写真をみると痛みが和らぐのは、安心感に関わる脳の部分が活性化され、痛みに関わる部分は逆に抑えられることもわかってきました。一方、ストレスは、痛みを和らげる脳の働きを一部抑えてしまいます。痛みについて悩みすぎないこと、ご本人にとって安心感のあることや楽しいことを考えて、脳内の痛みを抑える部分を活発にすることも大切です。
ときには、心配事が痛みを強くしていないか、振り返ってみることも必要です。心の影響を大きく受けた痛みは、薬や神経ブロックでは効果が得にくく、カウンセリングなどの心のケアを受けることで和らぐこともあります。

強い痛みがあるときにはペインクリニックを受診して、上手に乗り切っていただき、なるべく早くいつもの生活に戻れるようにお手伝いしたいと思っています。
医師紹介(麻酔科)