平成29年度 医療法人財団アドベンチスト会  東京衛生病院 病院指標

平成29年度 医療法人財団アドベンチスト会  東京衛生病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 766 35 153 558 291 171 187 299 442 201

平成29年度の当院を退院された患者さまの年齢を10歳きざみで集計いたしました。当院では、産科の患者さまが多く特に30代・40代の高齢出産の方は増加傾向にあり平成29年度の分娩件数は約1700件と近隣以外からも多くご利用いただいております。また、同時に新生児・乳幼児の方も分娩数に比例して0代が一番多い数字となっております。60代以降の方は主に内科・整形・外科に多く入院されています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 50 13.58 12.34 4.00 74.48
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 23.52 20.83 6.25 84.67
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2なし 38 5.87 7.27 5.26 52.32
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 14.19 10.61 6.25 75.75
0400801499×002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 31 16.16 15.12 0 86.23

内科に入院された患者さまのうち症例数の多い上位5疾患を示しております。腎盂腎炎の疾患も近年増加傾向にあり上位に入院される傾向にあります。続いて呼吸器疾患の患者さまが多く特に誤嚥性肺炎の疾患が多く入院されます。また胆嚢炎の入院も増加傾向にあります。


小児科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 177 7.81 11.49 1.69 0
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 148 6.90 6.18 17.57 0
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 140 7.16 6.32 0.71 2.91
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 8.31 5.70 0 2.59
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2なし 29 7.07 8.41 24.14 0

小児科に入院された患者さまのうち症例数の多い上位5疾患を示しております。入院される年齢は主に6歳未満が多く上位に占める疾患は呼吸器疾患が主です。特に気管支喘息、肺炎の疾患で入院される方が多くいらっしゃいます。また、低出生体重児については出産数と比例して多くなっております。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 6.49 7.4 0 60.60
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 31 4.13 6.37 0 51.19
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 27 10.81 10.15 0 63.07
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 23 5.52 5.56 0 43.52
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 11.87 8.98 0 66.8

外科に入院された患者さまのうち症例数の多い上位5疾患を示しております。ブレストセンターの開設を行い上位には乳癌の患者さまが多く大腸がん、胃がんといった入院も増加傾向にあります。胆のう炎、虫垂炎も増えております。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 84 36.68 22.44 14.29 85.38
070370xx97x0xx 脊椎骨粗鬆症 その他の手術あり 手術・処置等2なし 37 43.51 22.63 48.65 84.16
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 12 9.08 8.83 0 46.33
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし

整形外科に入院された患者さまのうち症例数の多い上位5疾患を示しております。入院される多くは脊椎・大腿骨や下腿骨の骨折の方で手術を実施するケースも多い傾向にあります。


産科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 196 3.44 5.93 0 34.71
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 115 16.33 20.41 9.57 34.12
120150xx99xxxx 妊娠早期の出血 手術なし 59 7.73 12.08 0 34.53
120180xx02xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 骨盤位娩出術等 45 2.33 8.64 0 35.33
120160xx99xxxx 妊娠高血圧症候群関連疾患 手術なし 33 2.82 7.45 6.06 34.42

産科に入院された患者さまのうち症例数の多い上位5疾患を示しております。当院は分娩件数が多く全体の約1割弱が帝王切開による分娩となり内訳は選択帝王切開97件、緊急帝王切開124件となっております。また、近年は高齢出産も増えてきているためリスクの高い方の入院が多い傾向となっております。


婦人科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 68 1.44 2.43 0 35.24
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 46 1.02 3.05 0 46.09
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 35 4.94 6.28 0 43.00
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし 22 5.50 7.70 0 44.00
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 21 5.00 6.37 0 47.57

婦人科に入院された患者さまのうち症例数の多い上位5疾患を示しております。当院では産科入院が多く高齢出産も増加傾向にあり、それに伴って流産が上位となっておます。また腫瘍での手術も多く腹腔鏡による手術により短期での入院は増加傾向にあります。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 1 7
乳癌 36 12 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
がんの患者さまの進行程度を示した表となります。疾患別では乳がん、大腸がんを中心に入院される方が多く特に乳がんの方については、早期発見、早期治療の取り組みを行っております。※10症例以下はハイフンで表示

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 19 7.37 46.89
中等症 56 14.09 82.41
重症 24 27.21 87.92
超重症
不明

市中肺炎の重症度別患者数は日常生活を送っている中で肺炎に罹患した方で、市中肺炎のガイドラインによるA-DROPスコアを用いて重症度の分類を行っております。中等度以上の方は平均80歳以上と高齢の方が多く、重症までの方が中心に入院されます。特に80歳以上になると罹患率と重症度も高い傾向にあります。※10症例以下はハイフンで表示しております。

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内
その他

脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率です。それぞれ、発症から3日以内とその他に分けて集計しました。当院は、脳外科の専門医が勤務していないため件数が少ない傾向にあります。また専門的な治療が必要な場合は転院をしていただく場合がございます。※10症例以下はハイフンで表示しております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 38 1 1.08 0 75.24
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 5.68 12.95 9.09 77.18
K686 内視鏡的胆道拡張術
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う)

内科で行った手術件数の多い順に上位5術式について記載しております。内科の手術は内視鏡手術が上位5術式となり、早期治療で入院されるケースが殆どです。※10症例以下はハイフンで表示しております。


小児科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 18 0 7.44 5.56 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 17 0 5.06 47.06 0

小児科で行った手術件数の多い順に上位2術式について記載しております。当院での手術は分娩に伴ったケースのみとなっております。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 58 0.84 2.33 0 57.00
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 39 2.95 4.54 0 62.38
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 31 0.94 2.19 0 51.19
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 27 1.00 8.81 0 63.07
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 21 0.95 3.76 0 45.38

外科で行った手術件数の多い順に上位5術式について記載しております。上位5術式では短期間の入院日数で退院できる手術が多く近年では腹腔鏡下の手術件数は増加傾向にあります。乳がん手術についても増加傾向にあります。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 25 5.96 34.44 44.00 82.8
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 14 7.50 24.50 64.29 81.07
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨)
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術)
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他)

整形外科で行った手術件数の多い順に上位5術式について記載しております。当院では大腿骨や下腿骨の骨折での入院が多く殆どの方は1週間以内に退院をされます。※10症例以下はハイフンで表示しております。


産科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9062 子宮頸管縫縮術(シロッカー法又はラッシュ法) 47 0.43 1.17 0 35.21
K907 胎児外回転術
K866 子宮頸管ポリープ切除術
K867-4 子宮頸部異形成上皮又は上皮内癌レーザー照射治療
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡)

産科で行った手術件数の多い順に上位4術式について記載しております。当院では上位5術式以外にも帝王切開による分娩件数も多く選択帝王切開97件、緊急帝王切開124件となっております。また、出産までの緊急時の対応も24時間体制で行っております。※10症例以下はハイフンで表示しております。


婦人科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 63 0.40 0.06 0 35.30
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 46 1.09 3.13 0 44.98
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術,子宮内膜ポリープ切除術 44 0 0.02 0 46.00
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 26 1.00 3.08 0 48.54
K873 子宮鏡下子宮筋腫摘出術 17 0 0.29 0 49.88

婦人科で行った手術件数の多い順に上位5術式について記載しております。当院では産科入院が多く高齢出産も増加傾向にあり、それに伴い上位5疾患の中に流産が含ます。また、腹腔鏡手術を多く実施しており入院期間の短縮や体への負担軽減に努めております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる 11 0.35
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

※10症例以下はハイフンで表示しております。

更新履歴



2018/9/27

「平成29年度病院指標」を公開しました。




診療受付時間

午前

月~金 / 9:00~12:30

午後

月~木 / 14:00~17:30

救急外来

内科・外科 : 24時間 

小児科:月~金 / 13:00~22:30

    土、日 / 9:00~16:30

※希望受診科により異なる場合があります。スケジュールをご確認ください。

外来のご案内を見る外来のご案内を見る

交通アクセス

〒 167-8507

東京都杉並区天沼3-17-3

代表電話 : 03-3392-6151

Googlemapで見るGooglemapで見る

  • 予約の取り方
  • 診療予定表ダウンロード
  • 外来診療医担当表ダウンロード
  • 健診センター 予約の仕方健診センター 予約の仕方
  • 東京衛生病院の理念東京衛生病院の理念