薬剤科

page-img

薬による治療を受ける患者さまの有効性と安全性を確保するために、以下の業務を通じて医薬品の適正使用に努めています。
当院は外来の処方箋をほぼ100%院外処方せんとして発行しており、薬剤科業務は入院業務を中心としています。

処方確認業務

薬の調剤の前に、過去の処方薬の記録や電子カルテで「薬の使い方が適切か」「薬の組み合わせで問題が起こらないか」などを確認し、不明な点は医師に 確認してから調剤を行います。また患者さまのお薬による過去の副作用やアレルギーについても、同様に調剤の前に確認をしています。

調剤業務

内服薬は、医師の処方箋に従って調剤しています。
また、患者さまがご自分で薬の管理をされないケースでは可能な範囲で一包化調剤をしていま す。一包化の包装には「診察券番号」「患者さまのお名前」「薬の名前」「薬の量」「薬ののみ方」を印刷し、ご本人であること、どの薬をどれだけ・いつのむ かの確認が出来るようにしています。

注射調剤業務

注射薬は、医師の注射処方箋に従って調剤し、患者さまの1回実施毎にセットしています。
また一部の注射については、薬剤科の中の設備(安全キャビネット)を使用して注射の混合を行なっています。

薬剤管理指導業務

患者さまやご家族と薬の内容(使用目的、薬をのむ上での注意など)についてお話し、薬による治療のサポートをしています。

薬品購買・管理業務

薬による治療には、薬品が必要な場所に準備されていること、またその品質が保たれている事が大切です。そのため、購買・在庫量管理・在庫状況管理を行なっています。

医薬品情報管理業務

薬を適正に使用するために、薬の最新の情報を医療者や患者さまが手に入れられるよう整理・提供しています。

チーム医療・委員会活動

通常業務に加えて、医療安全、院内感染対策(ICT)、栄養サポート(NST)、緩和サポート、褥瘡(じょくそう)対策、品質マネジメントなどのチーム医療・委員会活動に参加しています。

使用機器

電子カルテシステム、薬歴管理システム(電子カルテシステム連動)、発注・在庫管理システム
自動錠剤分包機(薬歴管理システム連動)、散剤分包機、散剤監査システム、安全キャビネット